貯金は普通預金でいいの?定期預金との違いとメリット_アイキャッチ
ほとんどの人が意識することはありませんが、もっとも基本的な資産運用の方法が、銀行や郵便局にお金を預ける「預金(貯金)」です。
この預金にも、「普通預金」と「定期預金」の2種類の預金が存在します。この2つはどのように使いわけるとよいのでしょうか。
今回は普通預金と定期預金の違いとメリットについて見てみましょう。

金融商品としての性格が異なる普通預金と定期預金

先にも触れたように、銀行にお金を預け入れる預金には大きく分けて、

  • 普通預金…自由に出し入れできるものの、利率が低い
  • 定期預金…一定期間の預け入れが必要なものの、比較的利率が高い

の2種類があります。

それぞれの特徴をもう少し掘りさげてみましょう。
普通預金には、

  • 預入金額は1円以上1円単位で入出金は基本自由
  • 満期がなく、変動金利制を採用
  • 給与や年金などの受け取り、公共料金や家賃などの支払いが設定可能
  • 元本保証があり、1,000万円までの預金保険、障がい者などのマル優の対象

という特徴があります。

これに対して定期預金は、

  • 預け入れ期間を決めてから利用する預金であり、満期日まで引き出しができない
  • 普通預金に比べると金利が高く、収益性の高い
  • 預け入れは1円以上1円単位からできるものの、最低額が設定されていることが一般的
  • 元本保証があり、普通預金と合わせて1,000万円までは預金保険の対象
  • 障がい者などのマル優の対象
  • 普通預金と同じ通帳で処理できる総合口座にセット

などの特徴があります。

普通預金と定期預金の違いを一言で説明すると、普通預金は普段使いの財布の延長線上としての性格が強いことに対して、定期預金はより資産運用の対象としての性格が強い点が異なります。

普通預金と定期預金、預けるならどちら?

このように同じ預金であっても微妙に性格が異なる普通預金と定期預金ですが、お金を預けるのであれば、どちらが正解と言えるのでしょうか。

基本的な考えかたとしては、生活費としてすぐに引き出す予定があるお金は普通預金に、将来のために取り分けて殖やしたいお金( = 貯金)は定期預金に預けるのが一般的です。

しかしバブル崩壊と長引く景気低迷により、定期預金に預けてもかつてのような数%から10数%という高金利は望めず、コンマ以下の利息しか生じません。
そのため都市銀行や地方銀行などの従来型の銀行の定期預金と、インターネット専業銀行の普通預金の利率が逆転するなどの現象も一部では発生していて、定期預金を使わずに全額を普通預金に預けっぱなしの人も増えています。

普通預金と比べて金利面でのメリットが薄れつつある定期預金ですが、資産運用の面では普通預金にない特徴があります。
定期預金は原則満期まで引き出せないため、時期が来たら確実に使うけど今は使わないので手元に置いておきたくないお金を預けておくなど、確実な資金繰りが必要となる局面では普通預金と比べると定期預金は依然として有利な金融商品と言えます。

都市銀行の定期預金よりも有利?ネット銀行の普通預金

先にも触れたように、金利の面では都市銀行の普通預金と定期預金にはほぼ有意な差はなく、どちらに預けておいてもほとんど利息は発生しないため、預金は資産運用のツールとしては魅力的とは言えません。
しかし、近年急速に普及しているインターネット専業銀行(ネット銀行)では、営業コストの低さを活かしつつ顧客の取り込みを図る方策として、一定の条件を満たせば都市銀行の定期預金よりも高い利率がつく普通預金を提供しています。
特にグループ内の証券会社と連携しているネット銀行ではそのような傾向が強く、証券会社と連携すると0.1%程度の利率が期待できます。

おわりに

もっとも身近で基本的な金融商品である普通預金と定期預金ですが、詳しく見るとその内容と目指すものは大きく異なり、使い分けをすることが欠かせない金融商品です。
身近だからと適当に選ぶのではなく、しっかりと内容を比較・検討したいものですね。

The following two tabs change content below.
ライフスタイル相談所編集部

ライフスタイル相談所編集部

ライフプランを充実させるためにも、お金にまつわる話はしっかりとおさえておきたいもの。ここでは、みなさまにとって有益な情報をお届けします。