三日坊主で終わらない家計簿のつけかた_アイキャッチ
家計の収支を把握するのに欠かせない家計簿ですが、その内容を漏れなく収集・記録するのは手軽に見えてもとても大変であり、三日坊主になるものの代表格と言えます。
しかし収支の把握と改善のために有用な家計簿は、大雑把な内容でも記録していれば役に立つもの。
そこで今回は、家計簿を付けるときのポイントと家計簿をつけるための様々なツールについて見てみましょう。

家計簿をつける目的とはなにか

家計簿を付ける目的にはいくつかありますが、大きなものとして、

  • 毎月の収支を把握する
  • 無駄な出費のチェック
  • 貯金のための余剰資金を生み出すこと

などがあげられます。

家計簿を付けることで期待できる効果はこのようにいくつかありますが、中でももっとも注目されるのが、1つ目の「毎月の収支を把握する」機能です。
大雑把であっても収支を家計簿に記録することで入ってくるお金(収入)と出ていくお金(支出)を把握できるため、家計の反省・改善点が明確になり、無駄な出費のチェックや貯金のための余剰資金を生みだすのが容易になります。

家計の体質改善のために有用な家計簿を付けるという行為ですが、簡単なものであっても毎日記録をとるのはかなりの根気と手間が必要であり、続けるのは意外と難しいことで知られています。
しかし近年では手書きの他にも、PCやスマートフォンなどを活用して手書きよりも手軽に収支を記録できる専用アプリや専用ソフトが登場していて、そのハードルは従来に比べるとグッと低くなっています。

もっとも基本的な手書き家計簿

PCやスマートフォンのアプリやソフトが普及しているとは言っても、実際に入力するまでの時間や手間を考えると、やはり手書き家計簿に軍配があがります。
手書きであれば項目の変更や過去の記録の修正も容易であり、利便性が高いのも見逃せない点と言えます。
しかし、あまり細かい項目を設定したり何日か記入を忘れると続けたり再開するのが難しく、手間がかかるという欠点があります。

レシートを貼るだけの簡単家計簿

手書きの家計簿並みに手軽で簡単であるものの、記入の手間がないのがレシートを貼るだけの家計簿です。
収支の内容が明確になっているレシートを貼り付けるだけで完成するので、このタイプの家計簿は入力・管理がもっとも簡単な家計簿といえますが、感熱紙を利用しているレシートは時間が経つと印字面の劣化や、記録を積みあげることでかさばるようになるという欠点があります。

表計算ソフト「エクセル」を駆使して専用家計簿

PCを利用する家計簿には専用ソフトなどがありますが、ほとんどの場合はそのようなソフトを購入する前にWindowsにデフォルトで付いてくる表計算ソフト「エクセル」を活用して独自の家計簿を作成するのが一般的です。
表計算ソフトである「エクセル」は見た目の綺麗な罫線表の作成が手軽にできるのはもちろん、セル(項目)に入力した数字を自動で計算する関数を駆使することで簡単に正確な数値を出せるのが特徴です。
便利なエクセルを利用した家計簿ですが、雛形を利用しないと作成に手間がかかることや、関数の設定を間違えると修正に膨大な手間がかかるなど、パソコンソフトならではの手間がかかることが欠点です。

人気アプリがいくつもあるスマートフォンアプリ

このように手書きやレシート貼り付け、エクセルソフトを利用した家計簿はそれぞれメリットとデメリットがありますが、これらの良いところ取りを目指したのがスマートフォンの家計簿アプリです。
インストールと初期設定さえ済ませれば銀行口座の入金・出金という大本の部分から記録できるので極めて利便性が高く、日々の収支もレシートを写真で取り込むだけの手軽さが魅力です。
インストールや初期設定、そもそもスマートフォンの扱いになれている必要があるものの、スマートフォンの家計簿アプリは手書きとレシートの貼り付け、エクセルを利用した家計簿の良いところ取りを狙える方法と言えるでしょう。

おわりに

手書きからPCまで様々な記録方法がある家計簿ですが、その目的は収支を把握して反省・改善するためのツールです。
記入しただけで満足せず、定期的に見直しをするようにしましょう。

The following two tabs change content below.
ライフスタイル相談所編集部

ライフスタイル相談所編集部

ライフプランを充実させるためにも、お金にまつわる話はしっかりとおさえておきたいもの。ここでは、みなさまにとって有益な情報をお届けします。