購入と賃貸どちらがお得?_アイキャッチ
一生の中でもっとも高い買い物の1つである不動産は、その金額の大きさから購入と賃貸で大きく意見が分かれます。
「購入」と「賃貸」のどちらがよりメリットが大きいのでしょうか。購入と賃貸、それぞれのメリットと、どちらがお得かについて見てみましょう。

賃貸と購入、それぞれのメリットとデメリット

賃貸と購入ではそれぞれ毎月にかかる費用や費用が発生する場所、その他色々な条件で違いが発生します。賃貸と購入のそれぞれのメリットとデメリットについて見てみましょう。

賃貸の特徴とメリット・デメリット

アパートやマンションの集合住宅をはじめとして、不動産会社を仲介して毎月一定額の賃料を支払うことで一区画を借りる方法です。

賃貸のメリットとして、

  • 家族構成やライフスタイルの変化に合わせて気軽な引っ越しができる
  • 維持管理費用・固定資産税を負担しなくてよい
  • 不動産価格が上下しても影響を受けにくい

ことなどがあげられます。

このようなメリットがある賃貸ですが、契約を解除するまで毎月一定額の出費が必要となることや、トラブルなどがあると大家側から契約解除される可能性があるなど、いくつかのリスクがあります。

購入の特徴とメリット・デメリット

一定額を支払うことで一区画を借りる賃貸に対して、一定額を支払う点では変わらないものの、最終的な所有権を確保できるのが購入の特徴です。

購入のメリットとしては、

  • 社会的に信用力がつき、将来は自分の資産になる
  • 必要に応じて室内のリフォームが自由にできる
  • 住宅ローンの支払いが終わった老後の生活が楽になる
  • 一般的に分譲物件は賃貸物件よりも居住空間が広く、居住性能も高い

などがあります。

不動産を資産として考えるとメリットの大きい購入ですが、購入した不動産は定期的にメンテナンスをする必要があるなど、購入にかかる費用以外にも維持費用がかかるなどのデメリットがあります。

戸建てとマンションで異なるコスト

賃貸と購入は最終的なコスト面で異なりますが、更に条件を複雑にするのが

  • マンション…立地と建物管理の良し悪しで資産価値に大きな差が発生します
  • 一戸建て…土地価格の動向に大きく左右されます

に代表される戸建てとマンションの資産価値やコストの違いです。

一戸建てとマンションとのその他の大きな違いとして、マンションの壁は、コンクリート(不燃性)でできているため木造の一戸建てとくらべて延焼の危険性がほとんどなく、マンションは一戸建てにくらべて火災時の安全性が格段に高く、火災保険の保険料も比較的安いという点があります。
また、近年ではコンシェルジュの常駐しているマンションなどであれば様々なサービスが充実しているため、生活にかかるコストという面ではマンションは戸建てよりも有利と言われています。
また、新築木造戸建てであれば建設後20年から30年程度で老朽化して建て替えが必要になるのに対して、適切に施工されたマンションであれば50年以上の耐用年数が有り、建て替えコストが小さいこともメリットの1つと言えるでしょう。

賃貸と購入のどちらが有利か

このようにそれぞれメリットとデメリットのある賃貸と購入ですが、どちらが有利かについてはライフスタイルや収入、これからの生活設計によって異なります。
賃貸と購入のどちらが有利かは、その時々の条件によって異なると言えるでしょう。

おわりに

それぞれにメリットとデメリットがある賃貸と購入は、様々な条件によってどちらが有利かは異なります。
自分の生活や将来設計、何よりも収入に見合ったほうを選ぶ必要があると言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
ライフスタイル相談所編集部

ライフスタイル相談所編集部

ライフプランを充実させるためにも、お金にまつわる話はしっかりとおさえておきたいもの。ここでは、みなさまにとって有益な情報をお届けします。