不安を解消したい!シングルマザーのための教育資金作り_アイキャッチ

子どもが誕生したらすぐにはじめて細く長くためるのが教育資金のセオリーですが、収入が不安定なシングルマザーでは難しいもの。しかし子供のためにはまとまった資金を用意しておきたいのもまた事実です。

そこで今回は、シングルマザーでも確実に教育資金をためるための考えかたについて見てみましょう。

教育資金の目安はいくらぐらいなのか

幼稚園入園から大学卒業までの平均的な教育を受けさせるとなると、条件によっても異なりますが、必要となる資金は全部をひっくるめても数百万円から一千万円とも言われています。

特に大きな費用がかかるのが高等教育の一環である大学入学から卒業までであり、入学初年度は入学金を含めて200万円程度、以後卒業までに毎年100万円から150万円程度の費用が必要となり、大学入学を目処に教育資金を用意するのが一般的です。

大学入学に当たっては学生支援機構(JASSO)による貸与型奨学金を利用することが一般的になりつつありますが、貸与型である以上卒業後に奨学金の返済が必要となります。
長引く不況と非正規雇用の急増による若年層の収入の低迷から返済トラブルが社会的な問題となりつつあり、できるだけ奨学金を利用しないのが賢明と言えるでしょう。

奨学金を利用しないで学費をまかなうためには、早い段階から教育資金を用意する必要がありますが、非正規雇用で収入も不安定なシングルマザーでは、教育資金を用意するのは簡単なことではありません。
確実に必要な金額を用意するためには、貯金とあわせて何らかの資産運用の手段を検討する必要があります。その方法について見てみましょう。

教育資金をためるためにはどのような手段があるのか

教育資金に限らず、お金を貯めるための手段としてもっとも基本的なものとして知られているのが、収入から最初に一定額を貯金に回す「先取り貯金」です。
どれだけ収入があっても貯金が貯まらない家計の特徴として、「入った収入を入っただけ使ってしまう」ことがあげられます。
そこで収入が入った時点で一定額を貯金にまわしてしまい、残るお金で生活することで確実に貯金するのが先取り貯金です。

シングルマザーでも確実に教育資金をためるための商品とは?

貯金がもっとも基本的な手段とはいえ、非正規雇用で低収入のシングルマザーでは、毎月の貯金額はそれほど期待できません。そこで検討したいのが、教育ローンに代表される「借りる」金融商品と、投資信託などの「殖やす」金融商品です。

目的別ローンである教育ローンは、奨学金と同様に学費に充てることを目的とした融資制度ですが、奨学金と異なる点として融資対象が学生本人ではなく、学生の保護者を対象としている点があげられます。
返済の開始時期が大学卒業からと返済開始時期に余裕がある奨学金と比べて、大学在学中から返済が必要な教育ローンは不利であるものの、資金繰りに多少の余裕のある保護者が融資対象者となるだけ返済トラブルになる可能性は低いと言えます。

お金が必要となる時期が決まっている教育資金は、教育ローンに代表される「借りる」金融商品以外にも「殖やす」金融商品も有力な選択肢に入ってきます。
特に満期期間と利率があらかじめ決定されている国債や、国債を対象とする投資信託などは、投資したお金を大きく減らさずに堅実に殖やすためには有力な検討対象と言えます。

おわりに

雇用・収入が不安定になりがちな母子家庭では、安定した子供の教育資金を用意するためには一般家庭に比べて不利な条件がそろっているため、簡単なことではありません。
しかし、子供の将来を考えるのであれば、真剣に検討したいポイントと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
ライフスタイル相談所編集部

ライフスタイル相談所編集部

ライフプランを充実させるためにも、お金にまつわる話はしっかりとおさえておきたいもの。ここでは、みなさまにとって有益な情報をお届けします。